「苦しい」の反対語は・・・

心のコンサルタント あづまです。こんにちは。

最近自分の使う言葉で、気づいたことがあります。
悩み相談を受けていても、よく「面白い」と言うんですね。

人の不幸を喜んでいるわけでは、もちろんありません。

私が「面白い」という言葉をどんなときに使うのか気づきました。
それは・・・

「問題があるけれど、解決する力やリソースがあるとき」です。

問題に直面していても、解決する力や、活用できるリソース(他人の助けその他)があるときって、そんなに深刻にならないんですよね。まあこれは何とかなりそうだ、と。

ちなみに、そう、面白いの反対語は「苦しい」です。

「問題があって、解決する力やリソースが十分でないとき」

これは、苦しいですね。

「問題がないことが、幸せ」ではないと思います。
「問題があっても、解決する力があることが幸せ」これが本質。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です