性癖を直す(8)|恋愛ドクターの遺産第2話

それから一週間後、ドクターがなつをを呼んだ。

「なつを君、まいくんの奥さまから手紙が来ているよ。」
「へぇ、そうなんですね。何ておっしゃっているんですか?」
「あれからすっかり、まいくんは奥さまを女として見ることができるようになったって。」
「えーっ、すごい・・・そんなことが起こるんですね。でもなんで、そういう変化が起きたんですか?」

「そうだね、学説ではなく、カウンセリング現場の知恵的なものですが、奥さまに対して感じるエネルギーと、『女』に感じるエネルギー、この場合は、鎖骨にほくろがあって性的に興奮する感じという意味ですが、それが、バラバラに解離してしまっていたのを、統合したわけです。これをすると、奥さまに対して感じなかった『女』を感じられるように変化することがあるんです。」

「そんなこと、あるんですか?」なつをはまだ信じられない気持ちでそう訊いた。
「そうですね。あります。」ドクターは淡々と答えた。
「今までも、そうやって解決した問題って、あったんですか?」
「えぇ、時々ありますよ。性的な嗜好の問題に関しては、よく使う技法です。」

なつをは、変えられるとはとても考えられなかった、性的な嗜好が、こんなにも簡単に変えられてしまうことに驚き、衝撃を受けた。

(人の生理的なもの、本能的なものまで、変えることが出来てしまうんだ・・・)スゴイと思う半面、本人の知らないところでこのスキルが使われたらと思うと恐ろしくもあった。

「なつを君、たい焼き食べませんか?」
「へ?たい焼き?」
「たい焼き、美味しいですよ。」
ドクターはまだほんのり温かいたい焼きを出して、自らひとつ取り、なつをにもひとつ勧めた。

「あぁ、じゃあ、いただきます。」
なつをはたい焼きを食べながら、先日のドクターのワークを思い出していた。確か、右手と左手に、それぞれ別の女性から感じるエネルギーを載せて、それを寄せていって合わせたのだった。あんな単純なワークでこんな大きな変化を起こせるなんて、未だに信じられなかった。

「そうそう。」たい焼きをかじりながらドクターは言った。「まいくんの奥さまからの、丁寧なお礼の手紙、読んでみますか。」
「はい、読ませてください。」
前略
恋愛ドクター A先生。
主人のカウンセリング、本当にありがとうございました。私達夫婦ふたりでは、どうにも行き詰まって解決の糸口が分からなくなっていた問題でしたので、本当に助かりました。
主人も、先生の、お噂通りの問題解決力に、感服しております。お恥ずかしい話ですが、女として見られなくなったと感じてから、本当につらく長い日々でした。それでも、主人は人間的に尊敬できる部分も多いし、家族のために働いてくれていますから、別れるという道は、考えたくなかったのです。
このような形で、みんなが幸せになる方向に解決できて、本当に良かったと思います。私自身も、女として求められるという体験を取り戻すことが出来て、日々、幸せを感じています。主人も、自分の中の「得体の知れない」感覚が消えて、私に気持ちが向かうようになったことで、「そんな自分が好きになった」と申しております。
何とお礼を申し上げてよいか分かりません。近々、私自身も、お話しさせて頂くかもしれません。このたびは、本当に、ありがとうございました。

草々

きれいな字で、手書きで綴ってある手紙だった。

なつをは手紙を読んでいるうちに引き込まれて、たい焼きを食べる手が止まっていたようだ。かじった端が、少し乾いて固くなっていた。
第五幕 妻

それから一週間ほど経って・・・

「先生、どうして解決したのに、まいくんの奥さまがいらっしゃるんでしょうか?」
「さぁ。解決したというのは、こちらの勝手な思い込みなのではないでしょうかね。」
「では、何かまだ問題があるということでしょうか。一体何が?」
「なつを君、それはご本人がいらっしゃったときに聞けば済む話です。聞けば済む話を勝手に推測しない!」

また怒られた。なつをは思った。勝手に妄想して、勝手に推測して、ついつい先生に色々質問してしまう。いつもの悪いクセだ。先生のこの落ち着きを、1割でも自分にほしい、そう思った。

「なつを君、そろそろみきさんがいらっしゃいますよ。」
「みきさん・・・えぇと・・・」
「まいくんの奥さまです。」
(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です