性癖を直す(9)上|恋愛ドクターの遺産第2話

第五幕 妻

それから一週間ほど経って・・・

「先生、どうして解決したのに、まいくんの奥さまがいらっしゃるんでしょうか?」
「さぁ。解決したというのは、こちらの勝手な思い込みなのではないでしょうかね。」
「では、何かまだ問題があるということでしょうか。一体何が?」
「なつを君、それはご本人がいらっしゃったときに聞けば済む話です。聞けば済む話を勝手に推測しない!」

また怒られた。なつをは思った。勝手に妄想して、勝手に推測して、ついつい先生に色々質問してしまう。いつもの悪いクセだ。先生のこの落ち着きを、1割でも自分にほしい、そう思った。

「なつを君、そろそろみきさんがいらっしゃいますよ。」
「みきさん・・・えぇと・・・」
「まいくんの奥さまです。」
「あ、そうでした。」

ノックの音がして、みきさんが入ってきた。本名は舞鶴美紀。ドクターは親しげに「みきさん」と呼んでいる。

「こんにちは。」みきさんは小柄で可愛らしい感じの女性だ。服装は全体的に地味だ。ダウンの入ったコート、というかジャケットを着ているが、落ち着いた茶系の色なので、街ですれ違っても、とくに記憶には残らないだろう。
コートを脱いで、壁のハンガーに掛けた瞬間、その印象は大きく変わった。胸の大きく開いた服を着ているのだ。冬でも鎖骨が見えるようにしているのだろうか。なつをはついそんなことを思ってしまった。

ドクターとみきさんが着席して、セッションが始まった。

「みきさん、本日はご相談ありがとうございます。」
「こちらこそ、よろしくお願いいたします。」

「今日こうして、ここにいらっしゃって、この時間を使って頂いたことで、何がどうなったら、今日は相談に来た甲斐があったな、と思いますか?」

これはスターティングクエスチョンだ。なつをは思った。セッションの始めに、今日の終わりにどうなっていたいのか・・・これを「ゴール」と呼ぶのだが・・・、それを問うことで、お互いに無駄な時間を使うことなく、有意義なセッションを行うことが出来る。これは、カウンセリング、とくに解決志向ブリーフセラピーという短期療法の教科書には必ず書いてある技法だ。でも・・・なつをは以前、先生に質問したことがある「セッションの方向性をきちんと決めるために、スターティングクエスチョンをするんですよね?」と。

先生の回答はこうだった。「まあ、教科書的にはそうです。なつを君も、始めのうちはそういう目的でスターティングクエスチョンを使って下さい。」と。なつをが「では先生は今は違うんですか?」と尋ねたら、「そうですね。今は少し違うかもしれません。なんと言うか、儀式ですよ、儀式。白衣を着ると気持ちがシャキッとするでしょう?そういうのと同じ。この質問をすると、さあ今からベストのセッションをするぞ、というモードに入るんです。そう、スポーツ選手でも毎回同じ動作をする人、いるでしょう?そういうのと同じですよ。」ベテランは言うことが違う、となつをは思ったものだった。

(づづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です