恋愛ドクターの遺産(6)変化−2

なつをは、こばやんの表情がみるみるこわばってきたことに気づいた。心理セラピーにおけるワークは、想像の世界で、ある意味、虚構の世界ではあるが、それが本人にとっては、相当のリアリティーのあるものだったりする。この場合も、すでに過去の出来事なのに、その当時のような緊張感がよみがえってきている。
こばやんの表情がこわばるにつれて、その場の雰囲気もピリピリと張り詰めたようになってきた。そんな中でもドクターは特に表情を変えることなく、相変わらず、穏やかな調子で指示を出していく。

(こういうところ、ホント先生はスゴイ・・・)

「こばやん、当時のあなたは、どんな服を着ていますか?」
「えと・・・スーツ姿です」
「髪型はどんなですか?」
「今と近いですけど・・・すこしボサボサな感じです。」

こばやんは髪のボリュームのあるタイプだ。髪が少しカールしているせいかもしれない。なつをにも、そこにはいないはずの、少し髪がボサボサな、当時のこばやんが見えたような気がした。

「どんな表情をしていますか?」
「かなり張り詰めた感じです。深刻そうな表情をしています。」

「では、当時のあなたになってみましょう。実際に椅子を移動して、そちら側に座ってみてください。」

ドクターが手で、向かいの空椅子の方を示して、こばやんを促した。こばやんが椅子に座る、絶妙なタイミングで、こう続けた。

「その椅子に座ると、当時のあなたになる、とイメージしてください。」

(意外とすんなり座るものだな・・・)
なつをは、以前このワークを勉強のために実践したことがある。大抵、向かいの空椅子には、自分にとって心地よくないものを座らせるため、空椅子に移動するときには、ものすごく心理的抵抗がある。なつをは一度「できません」と断ったことがある。その時も誘導役はドクターだったが、「そっかー、できないよねー。何か抵抗あるみたいだねー。」「はい。」「あ、でも、もう一回やってみたらできるかも。」「えっ!・・・」こんな感じで押し切られて、「えいっ!」と座ったのだった。座ってみると先ほどまでの抵抗感は急に消えていた。あれは本当に不思議な体験だった。
でも、こばやんは、はた目には、特に抵抗もなく、すんなり座ったように見えた。それがなつをには意外だった。

こばやんは、相変わらず厳しい表情をしている。ドクターは質問を続ける。

「世界の明るさはどうですか?」
「全体的に、薄暗く、グレーな感じです。」
「空気の温度は、温かいですか?肌寒いですか?」
「ふつう・・・ですかね。」
「空気の重さは、軽いですか?重いですか?」

これは先生必殺の質問法だ。空気の重さをきくと、その本人の持っている罪悪感の重さが分かるのだ。そもそも、罪悪感は非常に重たく、感じることに苦痛を伴う感情なので、人間は罪悪感を感じないように生きている。
先生は「罪悪感は感じない感情です」とよく言っている。感じないからない、のではなくて、感じないけど、潜在的にはそこにある感情、と禅問答みたいなことを言われたことがある。その、なかなか感じなくて、捕らえどころのない罪悪感を、質問一発であぶりだすことができる、先生の発明が「空気の重さは?」なのだそうだ。以前「どこの心理学の教科書にも書いてないけど」と自慢げに説明してくれた時の先生の得意げな表情を、なつをは今でも鮮明に思い出せる。実は友達が自分を責めて落ち込んでいるようなとき、なつをはこっそりこの質問を使っている。

「空気は・・・重いです。」

空気だけではない。こばやんの表情も、体も、全てから「重い」感じがにじみ出ている。

「ほんと・・・重そうですね。」

こういうとき、先生は、驚くほど軽い言い方をする。なつをには、その軽さが、クライアントの深刻さとミスマッチなようで、いつも気になる。先生自身が重い空気感に呑み込まれないために意識的にやっていることなのか、それとも、これも何かの、セッションの効果を高めるための「発明」なのか・・・一度聞いたことがあるが、そのときは適当にはぐらかされた。

「では一度、現在のあなたに戻ってきてください。」

ドクターは、先ほどまでこばやんが座っていた方の椅子・・・現在は逆に空椅子になっている方・・・を手のひらで指し示した。こばやんがゆっくりとそちらの椅子に戻る。

「当時の世界に入ってみて、どんな感じがしましたか?」
「えらいびっくりしました。ものすごい暗くて、重苦しゅうて・・・当時の感覚が全部よみがえってきましたわ。」

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です