恋愛ドクターの遺産(8)現実と夢

こんな時間か・・・ノートを閉じて時計を見たゆり子は、時間が随分経っているのに気づき、少し慌てた。

(幼稚園にお迎えに行かなきゃ・・・)

お迎えの自転車を漕ぎながら、ゆり子はまだノートの中の話を反芻していた。自分もサンドバッグになるイメージをして、相手の話を聞いたら、修復できるのだろうか・・・少し想像してみて、あまりに苦しいのですぐにやめた。
(あのこばやんという人は、とりわけ意志の力が強い人なんだよね、きっと。)
ゆり子はそう思って、自分とは関係ない世界の話にしようとしたが、ゆり子の意思に反して、ノートの中の出来事はずっと心に引っかかっていた。

「さくら、お待たせー。」

さくらはゆり子の一人娘だ。幼稚園の黄色いスモックを着て、髪はふたつ結びにしている。最近の子らしく、ドラえもんに出てくるしずかちゃん、というよりは、どこか初音ミクっぽい結び方だ。子どもを家に連れて帰る途中も、どうしてもノートの中のことが引っかかっていて、「ママ、今日ね・・・」と話しかけてくるさくらの話も、どこか上の空で聞いていた。

「・・・ママ、ママ、起きてよ!」

さくらの声で目が覚めた。
(もう4時半か・・・)ゆり子は壁の時計を見てそう思った。どうやら帰ってきて寝てしまったらしい。2時間ほど寝ていた計算になるか。でも、ゆり子は不思議な感覚に包まれていた。

(私、本当に寝ていたの・・・?)
先ほど、さくらに起こされたとき・・・いや、起きたというより、別世界からこちらの世界に「呼び戻された」という感覚だったが・・・ゆり子は、ドクターのセッションルームにいた。いや、そんなはずはないから、ドクターのセッションルームにいた夢を見ていた・・・と、一般的には言うのだろう。
(でも、リアルだった。生々しかった)

どうやら、夢の中で、あの世界に行ってきたみたいだ、とゆり子は思った。目の周りが濡れていた。どうやら、夢の中で涙を流したらしい。

そう、先ほどまで、ゆり子が体験していたのは・・・


・・・

「ゆり子さん、肩の力を抜いて、ゆっくり呼吸してみましょう。」
ゆり子はドクターの言う通り、力を抜いて、ゆっくり呼吸をしてみた。
「そうです。そうしたら、目の前に、中学生の時のあなたをイメージしてみてください。」

中学生の時の私・・・

ゆり子の顔が曇る。ドクターはおかまいなしに誘導を続けていく。
「中学生のあなたは、どんな服を着ていますか?」
「制服です。」
「髪は長いですか、短いですか?」
「ツインテール、というか、ふたつに結んでいます。」
「どんな表情をしていますか?」
「重く、沈んだ表情をしています。」

ドクターは続けていく。
「では、こちらの世界から、あの頃の、あちらの世界に入っていきましょう。現在のゆり子さんは、椅子を立って、向こう側の、中学生のゆり子さんの目の前まで行ってください。」
ゆり子が中学生の自分の前まで行くと、ドクターは例の「ゆるしの言葉」をゆり子に言わせた。

「ゆりちゃんは、悪くないんだよ。」
「よく頑張ったね。」
「ゆりちゃんは、優しい子だね。」

それぞれ、言うたびに、抵抗があった。心のどこかで、自分は悪い子だ、自分はダメな子だ、自分は冷たい子だ、と思っていたようだ。自分のことを否定しているほど、これらのゆるしの言葉を言うときに抵抗がある。反応が出る、涙も流れる。
それは、昼間に読んだノートの中に出ていた話だ。出てきていたが、自分事としては考えていなかったな、ゆり子はそう思った。

ワークは進んで、ドクターはゆり子にこう促した。
「では、確認のために、過去の世界にもう一度入ってみましょう。」
「はい。」
ゆり子が向かい側の椅子に座ると、ドクターが続けた。

「世界の明るさは、明るいですか?」
「さっきよりは、明るくなりました。」
「空気の温度は、温かいですか、肌寒いですか?」
「ふつうです。さっきより良くなりました。」
「空気の重さは・・・さきほどとても重いとおっしゃいましたが・・・今はどうなっていますか?」
「あ、全然軽いです。重さは感じません。」
「では、元の世界に戻ってきてください。」

・・・・・ママ、ママ、

・・・そう、ここでさくらに起こされたのだった。

このノート、何かの催眠術か何かをかけてあるのかしら、とゆり子は一瞬思ったが、そんなまさか、と思い直した。そんな魔術のようなものがこの世界にあるわけがない。
真っ直ぐに解釈すれば、ノートの世界の出来事が、あまりに印象が強かったし、自分の現在抱えている問題とオーバーラップするものだったので、夢の中に出てきた、ということなのだろう。でも、夢で片付けるにはあまりにリアルで、本当に不思議な体験だった。

そして、心が軽くなっているのを感じた。

(やっぱり、このノートには、すごい効果があるのかもしれない・・・)ゆり子はそう思った。

ただ、体はなんとなくだるかった。でも、悪い感じじゃない。運動をして温泉に入って、だるい。そんな感じだ。

ふと、ひとつの考えがよぎった。
私がサンドバッグになる・・・つまりノートの課題をそのまま真似る・・・のではなくて、実は幸雄(夫)にも、どうにかしてゆるしの言葉を届けてあげたらよいのではないか。
自分の感情が落ち着いてきたら、ゆりこには、夫の幸雄も、実は自分自身を責めて苦しんでいるのではないか・・・実際ノートの中に出てきたこばやんと同じように働き過ぎの傾向があるのは事実だ・・・そんな考えが浮かんだ。

(でも、唐突に「あなたは悪くないんだよ」なんてメールしても、面食らうだけだろうな・・・)
ゆり子は、少し作戦を考えることにした。そこで、スマホを取り出して「夫 罪悪感」「夫 自責の念」など、世の旦那さま方が陥りやすい、自分を責めてしまうパターンについて、情報収集を始めた。

まだ問題は解決していないけど、何かやることがあると気が紛れるな・・・それに、希望が持てる。スマホを操作するゆり子の顔は、どこか明るかった。

第一話 終

第二話以降も続きます。
第二話は、鎖骨にほくろのある女性しか愛せない男性の話です。
鎖骨にほくろがあるから、という理由で浮気をしてしまって・・・
その性的嗜好を、恋愛ドクターは一体どう解決するのか・・・
そんなお話です。

この物語はまぐまぐから配信の無料メールマガジン「女と男の心のヘルスー癒しの心理学」で(少し)先行して配信しています。また独自配信(無料)の「ココヘル+」では物語の裏側、心理学的側面を解説しています。合わせて御覧頂くと、より理解が深まります。登録はいずれもこちらのページから行えます。(すでにお支払いになっている、インターネット接続料金・通信料以外の料金は一切かかりません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です