私は「優しい嘘」は言いません。

あづまです。こんにちは。

ここ最近、小説を書いているので、こうした意見や考えをノベル・・・いや述べる記事は少なめでしたが、今日はちょっと書いてみます。

優しい嘘はつきません。

数日前に降ってきた言葉です。

私も、前職の研究者仲間も、現職のカウンセラー仲間も、真実に直面する、真実は何かをちゃんと見る、といった姿勢がきちんと出来ている人ばかりだと思います。これは、ありがたいことです。

ただ、世の中には、そういう、きちんと目の前の現実に直面して生きよう、ということの、できていない人、あるいは直面しない人ばかりの人間関係の中で生きている人、などが結構いるのですね。

私わりと、そっちの世界とは縁遠かったもので、あんまり分からなかったわけです。
(まあそれはそれで、幸せなことですが)

闇金ウシジマ君を読んでいると、現実と直面することを避けて、いかに優しい嘘の中に逃げ込んで生きるか、みたいになっている人々が描かれています。

私の記事をしっかり読んで、相談してくれる方の中には、優しい嘘を期待している、つまり現実と直面しないで済むような対応を望んでいる人は、基本、ほぼいないのですが、

私の記事を読んで、というルートではない、別のルートで相談を受けると、話が通じない人、たまにいらっしゃるんですよね。で、なんで通じないのかなぁ、と思っていたんですが、優しい嘘を言ってほしかったんだろうな、ということで腑に落ちたんです。

ですが、今後も、私は、優しい嘘は言いません!

真実と直面しなくていいように、優しい嘘をつくのが美徳、だと思っている人も世の中にはいるようなのですが、私は、そうは思いません。もちろん、状況次第だとは思いますが、何年かに一度、ここ一番というときに言う、という程度なら、まあそれもあるかな、と思いますが、年に何度もあるようだったら、現実と直面しない生き方そのものを、改めた方がいいと思います。

そして、私自身が、そういう、真実と分かっていることを、あえて言わない、というのが極めて苦手なものですから、ほんと、お願いだから、優しい嘘を言ってほしい人は、相談に来ないで下さいね。他を当たって下さい。

逆に、本当に問題になっていることは何なのか、本当に解決するための糸口は何なのか、そこを真剣に見つけて、解決に向かいたい、という方のお力には、なれると思います。

向き不向きがありますんで。

優しくてもね、嘘は苦手です。私はね。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です