なつをの夏の物語(18)|恋愛ドクターの遺産第10話

「・・・なるほど。怪我が治ったあと、体の動きを取り戻すためのリハビリが必要、みたいなことですか?」
「まあそんな風に考えても、大体良いと思います。そして、恋愛の場合、結構大事なポイントがあって、幼少期の安全の欲求や、所属の欲求が十分に満たされて、子供としての愛を十分受け取ったと感じて初めて、大人の恋愛・・・つまり性的な関係も含めた男女関係を受け入れられるようになるのです。」
「あ、なるほど、そうなんですね。とても納得です。」
「あの、先生。」湯水ちゃんがここで割って入ってきた。「私の場合も、幼少期の安全の欲求が十分に満たされていなかった時期がありましたよね?でも、むしろ辛い恋愛にどっぷりはまる、みたいな感じだったんですけど。それに、なつをさんも、失礼ながら」ここまで言って湯水ちゃんはなつをにぺこっと一礼した。「以前先生に相談に見えたときは、かなりのオレサマとつき合ったりと、むしろ恋愛にどっぷりだったのでは?」
「まあここは、説明の仕方が難しいところですが、どっぷりはまっている恋愛というのは、真の愛情から相手と関係を築いているわけではないと思いますよ。安全の欲求が満たされていなくて、必死でしがみつく相手を探していたりするものですから。」
「そうですよね。」なつをは納得しているようだ。
「でも、そのときも、好き、って気持ち自体は、ありますよ。それは愛情ではないんですか?」湯水ちゃんは納得していないようだ。
ふう。ドクターは軽くため息をついてから言った。「クライアントのなつをさんの方が、よっぽど落ち着いていますね。湯水ちゃん、あとでじっくり説明してあげますから。落ち着いて下さい。」
「あ、すみません。」湯水ちゃんは今度は先生にぺこりと頭を下げた。
「くすっ」なつをは思わず笑った。
「とは言え、」ドクターは構わず続けた。「いまの湯水ちゃんの指摘も、いい学びになると思いますので、軽く説明したいと思います。」
「お願いします。」なつをと湯水ちゃんが同時に言った。
「まず、恋愛感情そのものは、人間も動物ですから、ある種の発情反応みたいなもので、喜びの脳内回路が反応するわけです。こうしたスイッチが入りやすいかどうかは、性ホルモンのレベルなど、体質によって決まっていると言えます。特に10代後半から20代前半は、こうした性のスイッチが入りやすい状態にあります。だから、小さなきっかけで誰かを好きになってしまうわけです。これを『恋してる状態』と今は呼ぶことにします。」
「なるほど。恋してる状態ですね。」
「それで、誰かと愛情を交換し、絆を結ぶというのは、自分を率直にさらけ出し、同じように素の自分を出してくれた相手を受け入れる、ということなのですが、これができていなくても、『恋してる状態』になることはできるものなのです。」
「それでは、長続きしないような気がします。」なつをが言った。
「その通りです。実際、『恋してる』けれど『愛情関係は結べていない』カップルは多いです。当然、恋愛感情が冷める3年ぐらいを目処に、関係が難しくなってしまいます。」
「どうしたらいいんですか?」なつをが質問した。
「うーん。迷える全てのカップルをどうやったら救えるか、という問題は、私には難しすぎて分かりません。ですが、なつをさんの場合、既に光が見えていると思います。」
「そうなんですか?」
「ええ。まず、なぜ恥ずかしくなってしまうか、というところなのですが、無意識に、相手に全てをさらけ出して絆を作っていきたいと思っているからですよね?」
なつをは質問されてしばらく考えていた。今まで考えたこともないことを聞かれると、急には返答できないものだ。しばらく間があって、答えた。「そう・・・かもしれません。確かに、友達に『手、握ってみればいいじゃん』って言われたとき、彼との関係を想像して、その先のことにすごく期待したんです。彼と、お互いに分かり合って、分かち合って、素の自分で居られるような、素敵な関係でいたい。そんなことを想像しました。でも、実際に彼の前に出たら、すごく戸惑ってしまって、全然手が動きませんでした。」

(つづく)

この物語はまぐまぐから配信の無料メールマガジン「女と男の心のヘルスー癒しの心理学」で(少し)先行して配信しています。また独自配信(無料)の「ココヘル+」では物語の裏側、心理学的側面を解説しています。合わせて御覧頂くと、より理解が深まります。登録はいずれもこちらのページから行えます。(無料メルマガですので、すでにお支払いになっている、インターネット接続料金・通信料以外の料金は一切かかりません。)

女と男の心のヘルス(ココヘル)
心のコンサルタント|恋愛セラピスト あづまやすしの
個人セッション: http://bit.ly/2b8aThM
セミナー:    http://bit.ly/nvKmNj
メールマガジン: http://bit.ly/mtvxYW
自習型教材:   http://bit.ly/lZp3b0


人気ブログランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です