正しいだけでは解決しない(4)|恋愛ドクターの遺産第6話

第二幕 セッション

なつをとドクターのあの議論をさかのぼること数時間、そもそも、ドクターが行ったセッションはこのような流れだった。

ノックの音がして、今日のクライアント、有紀が入ってきた。
「こんにちは。よろしくお願いいたします。」
有紀は仕事帰りらしく、清楚なスーツ姿だ。社長秘書をしているらしく、礼儀正しく、言葉遣いも丁寧で、言葉や動作にも上品さがにじみ出ている。
「有紀さんこんにちは。よろしくお願いいたします。」ドクターも気さくな調子で挨拶をした。

ドクターはひとしきり、有紀さんの悩みを聞いていた。彼女の話は要約するとこういうことだった。その会社はある保険営業の代理店で、そこの社長は仕事も出来るが、人柄もよいので、秘書として努めている有紀は密かに憧れていた。
社長は、女性を貶めたりする人ではないが、女好きで、今までも不倫の噂のある人だった。交際する相手のことは大切にするが、わりと移り気で、有紀が働くようになってからも、どこかの女性に手を出していたという噂があった。有紀が入社して一年ぐらいした頃、有紀の気持ちを察してか、社長からアプローチがあった。話も面白く、遊び上手な人なのだ。とにかく、一緒に食事をしたり観劇をしたり、楽しい時間を過ごすことができて、いけないこととは思っていたが、有紀はついに一線を越えてしまった。
それからは、幸せな時間も多かったが、出張で彼がいなくなるたびに寂しくなったり、彼の一挙手一投足が気になってしまってそわそわしたり、不安定になることも多くなった。何より、自分が彼を「好き」と思う気持ちの重さと、彼が自分を「好き」と思う気持ちの重さを比べたときに、自分ばかり好きになっていて、彼に振り回されている感じがしていた。始めのうちは好きな人がいるだけで幸せだったが、次第に疲れてきて、辛くなってしまった。
社長に奥さまがいることも、不安をかき立てる要素にはなっていた。休日に家で一人になるとき、彼は何をしているんだろうと想像する。秘書という立場もあって、プライベートの予定も、緊急連絡が必要かもしれないという建前で、ある程度知らされていることもよくあったが、それが家族行事だったりすると、有紀は自分だけ仲間はずれにされているような疎外感を味わった。この状況からして他にどうしようもないことは頭では分かっているけれど、どうしても割り切れず、やりきれない気持ちになるのだった。
恋愛そのものも、苦しかったのだが、そこにとどめを刺したのが、社長が出張先でいわゆる「現地妻」のような関係を持っていたことだった。小さい会社なので、秘書といっても、領収書の入力作業など、経理の補助などの事務も兼務している(決算などの重要な会計業務は外部の税理士だ)。ある出張先で常宿にしているホテルの部屋が、いつもダブルベッドの部屋だったことも怪しい。社長は倹約家なので他の出張先では迷わず安いビジネスホテルのシングルの部屋を取るので、その地だけ贅沢なのはいかにも怪しいのだ。そしてレストランの領収書に2名様と書かれていたこと。ビジネスの会合の予定は入っていないので、女性と会っていたことは想像に難くない。有紀はつい過去の帳簿も調べてみたのだが、どうやら5年前ぐらいからその密会は続いているらしいことが分かった。社長が離席している間にこっそりPCをのぞいて、女性との密会の約束のメールを見つけた。
証拠を見つけたからといって、そもそも有紀自身も不倫相手の身。法律的に言えば何か自分に優先権があるわけでもない。あきらめて、身をひくことにした。

・・・というのが、過去の出来事、そしてここに相談に来た経緯だ。

「それで、有紀さんは、社長さんと今後どうしたいのですか?」ドクターが質問した。

(ああ、やっぱり先生はもう一度確認するのだな)なつをは思った。すでに「身をひくことにした」と言っているクライアントに対して、わざわざもう一度質問をしているが、先生の対応はいつも割とこういう感じだ。

「ええと・・・辛いので別れようと思うんですけど、離れるのも苦しくて、どうしていいか分からなくて・・・私、恋愛依存症ではないかと思って・・・それで相談に来たんです。」
「そうでしたか。誰でも恋愛が始まると、相手に対して愛着が生まれ、離れるときには痛みを伴うものです。有紀さんは、その程度が人より大きいようですね。」
「はい、そうだと思います。」
「つらいですね。」
「・・・はい。」有紀の目にうっすらと涙が浮かんだ。
「そして、こうして相談に来て下さって、ありがとうございます。」
「いえ。こちらこそありがとうございます。他に相談できるところがないので、ずっと苦しかったんです。」
ドクターは、ゆっくりとうなずいている。

しばらくして、ドクターが質問した。「ところで、社長さんのどんなところが好きなんですか?」

(つづく)

この物語はまぐまぐから配信の無料メールマガジン「女と男の心のヘルスー癒しの心理学」で(少し)先行して配信しています。また独自配信(無料)の「ココヘル+」では物語の裏側、心理学的側面を解説しています。合わせて御覧頂くと、より理解が深まります。登録はいずれもこちらのページから行えます。(無料メルマガですので、すでにお支払いになっている、インターネット接続料金・通信料以外の料金は一切かかりません。)

女と男の心のヘルス(ココヘル)
心のコンサルタント|恋愛セラピスト あづまやすしの
個人セッション: http://bit.ly/2b8aThM
セミナー:    http://bit.ly/nvKmNj
メールマガジン: http://bit.ly/mtvxYW
自習型教材:   http://bit.ly/lZp3b0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です