浮気問題」カテゴリーアーカイブ

「教えて!浮気の治し方」Q&A集(受付締切)

azuma-face200あづまです。

「教えて!浮気の治し方」と題しまして、
11/20に広島市内でセミナーを行う予定なのですが、
連動企画として、浮気問題の解決方法に関する質問を募集します。(質問多数のため、11/14に締め切りました。ご了承下さいませ。)

質問を出してくださった方には、
回答集「教えて!浮気の治し方」Q&A集を差し上げます。

このPDF小冊子は、
まず、皆さまからの質問を集めまして、
(似た質問はまとめさせて頂くこともございます)

原則、一問一答形式で、質問に答えていきます。

ところで、質問を集めると、大抵
質問の仕方がうまい人と、ど下手な人に分かれますね。

上手な質問というのは、
自分がそこから一歩踏み出すきっかけになるポイントについて、
ちゃんと質問している、そんな質問のことです。

たとえば、状況として、結婚5年、夫は浮気をしているようだ。
まあ、細かい状況は省きますが、直接突き付けていない段階だとします。
(質問者は浮気をされた側、という設定です)

ここで、下手な質問というのは、こういうものです。
「男性はどうして浮気をするのでしょうか」
うん、それを知って、目の前の問題に、どう役立つのでしょうか?

ほかにも、
「浮気をやめさせるにはどうしたらよいのでしょうか」
上の質問よりは、だいぶマシですが、一般論しか答えは返ってこないですよね?

そうするとね、今度は、一般論じゃなくて、自分の状況に合わせた
答えを、相手に全部考えさせようとして、(つまり自分で考えることを放棄して)
「いま、こんな状況で、先日はああで、その前の週はこうで、浮気があったと
思われる日の夫の態度はどうで、あーして、こーして、・・・・」

予め言っておきますが、長文の質問は、私、読みませんから。
「あー、この人、自分で考えてないんだなー」というところだけ、受け取ります。
で、「あなたはどうしたいんですか?まずそこを決めて下さい。」
みたいな回答になるわけです。

長文の質問→あなたはどうしたいんですか?という回答
(ほぼ確定ですから)

では、どういう質問が、解決に一歩近づくための答えを引き出せる
質問、言い換えると「良い質問」なのか?

それは、主体性のある自分が、文の中に表現されている質問です。

少し具体的に、例を挙げて書いてみます。

まず、自分で、どう解決しようとしたのか、
自分で取り組んでみたところまでを、簡潔に書きます。
そして、どこで行き詰まっているのか。それも書きます。
行き詰まりと関係している「気持ち」も言葉に出来ると、パーフェクトです。

「夫の浮気問題には、おいしい食事を作って、毎日笑顔で過ごす、
それが一番です、と、あるサイトで読んだことがあって、
それをここ3か月ほど実践してきました。
でも、違和感があります。夫は罪悪感なく浮気しているように
思えるのです。上の方法って、妻が不機嫌オーラを出していて、
それで夫が外に安らぎを求めて浮気しているようなときに
有効なのではないですか? うちは・・・十分ではなかったかも
しれないけど、家の中は穏やかだったと思います。

次の行動として、やっぱり突き付けるかどうか、そこで迷って
います。でも、このまま、毎日苦しい気持ちでずっと過ごすのは
無理だと思います。」

問題に対して、自分は、どう考えたのか。
そして、解決のために、どんな行動をしてみたのか。
あるいは、どんな行動が、やろうと思ったけどできなかったのか。

つまり、問題解決の当事者であり、責任者である自分が、
文章の中に、表現されていますよね? そこに自分がいるの、ちゃんと。

上の方の質問を見返してみて下さい。
そこに、自分がいないでしょ?

一般論を質問していたり(そもそも自分がいない)、
自分の判断を放棄していたり(「主体的な自分」がいない)、

自分がどう考えて、
どう行動して、
そして、
どこで、行き詰まったのか。
(行き詰まりは、恥ではありません。難しい問題は、壁に当たることなんて、よくあります)

そんな風に、問題を何とか解決しようと奮闘している、
自分自身が、質問の中に表現されている。

あづまは、
「質問文の中に、自分がいる」と言っていますが、

そういう質問が、いい質問です。

もちろん、いい質問以外、回答しませんよ、ということではありません。
どの質問にも、答えられる範囲で、真剣に答えようと思っています。

でもね。
質問がズレていると、答えもぶれるんです。

せっかく質問したのなら、
何か、解決に役立つ答えを得たいですよね?

ぜひ、質問文の中に、主体的な自分自身を表現して下さいね。

 

さて、この企画ですが、
本来、「自分が浮気してしまう」人の浮気衝動を、
どう、自分自身で、手なずけていくのか。

セミナーのテーマが、そっち方向なので、
浮気衝動のコントロールで悩んでいるご本人様からの質問を、
優先的に扱います。

どの質問も、大事に扱う予定ではありますが、
浮気衝動のコントロールで悩んでいる本人からの質問、
浮気症のご本人からのご質問は、

より、紙面を割いて、しっかり扱いたいと考えています。

もちろん、いま、パートナーが浮気をしていて、
浮気衝動のコントロールのポイントを知りたい、
そして、パートナーという立場から、実践できることを知りたい。
(つまり、浮気された側からの解決策を知りたい)

という方向のご質問も、歓迎いたします。

関連記事が今回のセミナーの共催者 武田宏美さん(と夫さん)の
Facebookにも上がっています。ページはこちら

質問は、このブログのコメントには書かないで下さい。
ルールを守らない人への回答はいたしません。

質問文は、専用フォームを用意してありますので、
そのフォームから、お願いします。

また、そのときに入力されたメールアドレスに、Q&A集が完成したときに、
お届け(PDFファイルです)しますので、メールが届くようにしておいて下さい。

質問の受付締切ですが、講座の前には締め切ってまとめに入りたいので、11/16頃に一旦締め切る予定でいます。大変多くの質問を頂き、私も必要な情報は得ましたし、回答できる限界を超えそうなので11/14に締め切らせて頂きました。質問を寄せて下さった皆さま、ありがとうございます。

「教えて!浮気の治し方」セミナー@広島、はこちら。

彼が出会い系にハマってます。その心理から解決策まで(動画)

心のコンサルタント|恋愛セラピスト あづまです。

彼が出会い系にハマってしまって、ショックを受けている、そういう相談を受けることがあります。

そこで今日は、出会い系にハマってしまう心理と、その解決策について動画で解説したもののまとめをご紹介します。

続きを読む

「浮気されやすい女性の共通点と…」へのツッコミ

心のコンサルタント|恋愛セラピスト あづまです。
こんにちは。

恋占ニュースに
浮気されやすい女性の共通点と「彼の浮気」を止めるコツ3つ」という記事が掲載されていまして、的を射ている部分もあるんですが、一方この記事読んでもきっと解決しないだろうな・・・と感じる部分も多々あるので(まあ読みものなので、あんまりガチで書くと読む人がいなくなるから、難しいのは分かってますが)、ここはひとつ、あづま流で、では本当の問題と本当に大事な解決策は何なのか、を書いてみたいと思います。

まずは、引用ですが。

◆浮気されやすい女性の共通点はコレ
新しく恋をしても、毎回浮気される女性には共通点があります。彼の浮気に悩まされている人はまず、以下に当てはまるものがないかチェックしてください。

・追われる恋愛より追う恋愛が好き
・友達が少ない
・自分に自信がない
・恋愛体質
・情緒不安定
・束縛・嫉妬をする
・世話好き、尽くすのが好き
・恋人ができると彼中心の生活になる

上記の特徴が多いほど浮気されやすいタイプ。心当たりがあるようなら、少しずつでいいので改善していきましょう。

さて。チェック項目としては、なかなか鋭いと思います。
但し、チェック項目は「原因」ではないので、それを「意識的・直接的な取り組みとして」やめようとしても問題は解決しないでしょう。たとえば、「束縛・嫉妬をする」のを「意識的にやめる」というのでは、解決になっていない、という話です。

何か、本質的な取り組みをした結果、
「束縛・嫉妬を、全然しようと思わない自分に進化した」というのなら、解決になります。

大体、「追われる恋愛より追う恋愛が好き」なんて特に、追われる恋愛を「好きになろう」という、「意識的・直接的な取り組み」には無理がありますよね?

さらに、浮気されない女になるための取り組みとして、当該記事では、
・自分をしっかり持つこと
・男を飽きさせない
・放っておけない雰囲気を出す

と、ありましたが・・・微妙です・・・

「筆者は元カレの一人に「浮気したら冗談抜きで去勢手術してもらうから」と釘を刺したことがあります。」とも書かれていますので・・・余計なお節介かもしれませんが、この筆者の方、いま幸せなんでしょうかね・・・

「自分をしっかり持つ」
これはね、まあまあ当たってると思います。
というか、この筆者の方から見たら、浮気されることの多い女性が、自分を持っていないように見えるってことでしょう。でもさ。「自分をしっかり持とう」という努力ってどうやるんでしょうね?

私なら、こう言いますけどね。

あなたは、他人を目の前にすると、(1)自分の気持ちを感じることと、(2)相手の気持ちや考えを察することと、頭の中は、どっちが優勢になりますか? (2)相手の気持ちや考え でいっぱいになるんじゃありませんか?

それは、相手の気持ちに対する共感力だったり、思いやりだったり、あなたの良い面でもあるけれど、出会いに関して言えば、自己中心的な男性を引き寄せやすい要因になります。

毎日、自分が何を「感じているか」、自分の気持ちを感じるトレーニングをしてください。
そして、できるようになったら今度は、自分の気持ち(「考え」ではなく!)を言葉にして相手に伝えるトレーニングをしましょう。

日頃から、それができるようになったとき、自己中心的な人はあなたに寄りつかなくなっています。

と、こんな感じで言いますね。

元々、交流分析で言うとFC/ACの傾向でACが強い人が、相手に合わせる考え方になっていて、そのことが「自分がないように見える」という形で表に現れているんですね。なので、FCを高める(=自分の気持ちを優先する)ことがまず大事、ということになります。本当はCPも高めないといけないんですが、実はそれは、次の項目と関係してきます。

「男を飽きさせない」

これは、意味が分からないでしょう。
変化の例として、外見と新しい趣味があげられていました。

いや、それ、全く的外れだと思います。

自分を変える、とか言って、新しい趣味を始めることと、ファッションを替えるだけしか変化がない女性だったら、私なら、変化してないのと同じと思ってしまいます。浮気するとかより、そもそも、あんまりつき合いたいとは思わないかなぁ・・・

長い目で見て、よいチームメイトになっていける人じゃないと、一緒にいようと思えないですから、目下とり組んでいることに関して、情報収集し、他人のアドバイスをもらい、実践し、自分で考え、そうやって成長していく、という姿勢があるかどうか。これが一番だと思います。

たとえば、結婚したばかりの女性で、専業主婦だったとして、料理があんまりうまくなかった。まあそれは未経験だから仕方ないですが、そこから、毎日の実践で成長し、上達していく。それがあるかどうか。真剣に主体的に取り組まないと成長しないですからね。

仕事もそうです。いつも同じパターンの愚痴を言っているとか(おまえは成長ないのか?って思ってしまう)。職場に問題があることも、当然あると思いますが、その環境の中で、いやその仕事を辞めることも含めて、自分はどうするのか、ということを真剣に考え続けていれば、変化、成長はあるはず。

目の前にある物事に真剣にとり組み、前進していく。まあそういう部分が、全然足りてないと、相手からも飽きられると思うんですよね。いや、あきれられる、の方が正しいかな。それを疎かにしていて、趣味と外見を頑張っても、ズレすぎてます。

そしてもうひとつ大事なこと。私の書いた上の文章を読んで、「彼に言われたことは一生懸命やって、成長するように努力しています」と思った人は要注意です。それじゃ、イマイチダメなんですね。ここが大事なところです。

×彼の期待に応えるように頑張る
○自分の期待に応えるよう頑張る

違い、分かりますか?
自分の可能性や自分の成長について、自分が、自分に対して「こうあるべき」と思う方向に頑張る、ということなんです。自分の内側にある理想像に向かって、成長する、ということなんです。

同じ「成長」でも、相手に気に入られようとして頑張るのは交流分析で言うとAC、自分がどうなりたいかという理想に基づいて頑張るのはCP。心理学的には大きく意味が違うんです。

「放っておけない雰囲気を出す」

これ、言いたいことは何となく分かります。
浮気される女性のパターンとして、彼にべったり依存している女性を多く見たのでしょう。それで、もう少し「私だって、あなたが適当なことするなら、別の候補がいるのよ!」ぐらいの強さを持て、と言いたいのだと思いますが、それだと、単なる駆け引きです。

「駆け引きするのはあまりオススメしませんが、」と書いておきながら、駆け引きのことしか書いてないのは、何かの悪い冗談なのか・・・

私なら、こうアドバイスします。
自分の、社会の中における価値を大切にしましょう。仕事なら仕事。それをしている自分に価値があると。友達との関係。それ以外の活動。自分がやっていることを大切にすること。そして、自分が心から大切にしたいと思わないことは、他人に流されたりせず、ちゃんと断ること。

自分が大切にしていることを、ちゃんと自分で守る。それが、自分に自信を持つことだし、自分を大切にすることです。

そうやって、恋愛以外の活動を充実させなさい。逆説的だけど、その方が恋愛が充実します。
彼に対して「あなたのことが大好きだけど、仕事も、このボランティアも、友達も、私にとって全部大切なの。忙しくてごめんね♪」という姿勢で接することができるようになる、ってこと。

以前、ルールズって本が流行ったとき、木曜日までしか週末のデートの申込は受けない、って書いてあったけど、金曜日の申込を断って、週末一人寂しくしているのだったら、全く意味がないですからね。本当に、仕事も生活も充実させることが大事。

さて、ここまで読んで、
仕事を充実させているし、自分の活動を大切にしているし、そこで成長もしていると思う。
でも、恋愛の方はさっぱり・・・という人からの質問が出そうなので、先回りして書いておきます。

そういうあなた、むしろ恋愛が遠のいていないですか?
浮気する男も寄って来ないけど、浮気しない男も寄って来ない、ってなってません?

この記事の対象は、先に引用したこれらの条件に当てはまる人。
・追われる恋愛より追う恋愛が好き ←依存傾向ってこと
・友達が少ない  ←彼に一極集中しやすい
・自分に自信がない  ←ジコチューに好かれる
・恋愛体質    ←要は依存傾向ってこと
・情緒不安定   ←不安定な人は恋愛依存になりやすい
・束縛・嫉妬をする  ←これは依存傾向の症状
・世話好き、尽くすのが好き  ←依存傾向
・恋人ができると彼中心の生活になる ←依存傾向

ざっと見て分かるとおり、依存傾向ってことです。

自分の意識が、あまりに恋愛と関係ないことにばかり向きすぎている人は、この記事の解決策は、まったく当てはまらないですから、お気をつけ下さい。

ではまた!

質問「浮気をされた側にも責任があるの?」に答える。

こんにちは、心のコンサルタント|恋愛セラピスト あづまやすしです。

今日は、「浮気をされた側にも責任がある」という言葉について考えてみたいと思います。

DSC05102
Photo by Yasushi Azuma

あなたは、どう思いますか?

続きを読む

夫(彼)が出会い系にハマっている。その心理と対応は?

こんにちは。
心のコンサルタント あづまやすしです。

夫や彼が、私という存在がありながら出会い系にハマっている。
現在のところ明確に「クロ」ということではないけれど、心がざわざわするし、このまま放置してよいのか分からない・・・

そんな相談を受けることもありますし、実は以前からそうだった、という彼との関係が、結局悪化してからご相談を頂くこともあります。

続きを読む