感情の「中和」(あづまやすしの心理セラピー&人間関係コンサル講座より)

あづまです。こんにちは。

今日は、あづまやすしの心理セラピー&人間関係コンサルティング講座から、学びをシェアしたいと思います。

4/17に学んだことですが・・・

感情の「中和」

これ、NLPでは必ず習う「アンカーリング」の応用バージョン。
(NLPの講座では、あづまの技法は習いません)

マイナスの感情と結びついたアンカー(それを見たり触れたりすると、そのマイナス感情を思い出す「刺激」のことです。例えば当時の音楽とか)を発動させると、その感情がわき起こってきます。

一方で、プラスの感情と結びついたアンカーを発動させると、やはり、プラス感情がわき起こってきます。

では、プラスとマイナスの両方を同時に発動させると?

実は、相殺されるんですね。

 

うまく使えば、過去のマイナス感情をキレイに消してしまえるんです。

・・・と、ここまでは、NLPの講座でも習うんですが・・・

さらに応用編をやってみました。

プラスのエネルギーを、みんなで作ります。
(具体的には、悩みの内容に触れてしまうので、ここでは書けません)

そのエネルギーを感じながら、マイナスのアンカーを発動させます。

まあざっくり言うと、そんな感じ。

 

でね、

この一連のワークが終わって、
じゃあ、ワーク前は、嫌な感じに満ちていた、あのマイナスのアンカーを単独で発動させてみよう・・・今度はどうなっているかな・・・あれ?

そうなんです。

嫌な感じが、すっかり上書きされてしまって、会場で作ったプラスのエネルギーがそこに入り込んでいました。

相殺どころじゃなくて、プラスになっちゃった!

 

こうしてね、
自分の感情を、うまく整理していくスキルを身につけると、

感情を晴らすために、相手に何かをやり返したり、
それが大人げないと思って、我慢するか、

という苦しい二択

以外の、

第三の選択肢、

効果的に、自分のマイナス感情を消してしまうことが出来る、
という選択肢を、持つことができるようになるわけです。

これって、

問題解決において、

すごいスキルを手に入れたってことです。

そんな、今回も、
驚きの心理学ショーデモンストレーションを
体験してもらうことができました。

自分の対応力の幅が広がるって、
楽しいですよね?

 

今日の学び。

プラスとマイナスのアンカーを上手に使うと、
マイナス感情を相殺して、消すことが出来る。

その場にあるプラスのエネルギーを使うと、
さらに効果的に、マイナスを消すことが出来る。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です