婚外恋愛について反論が来ました。であづまはどう答えるのか?

IMG_5248
Photo by Yasushi Azuma

あづまです。こんにちは。

先日、夫公認で妻が婚外恋愛。それをあづまが円満夫婦と呼ぶ理由。 という記事を書きまして。
それに対して、反論が来ました。

短文なので、全文載せておきます(編集なし)。

仮にSさんとしておきます。女性の方だと思います。

はじめまして。
どうしても一言お伝えしたくメール致しました。

婚外恋愛は、倫理に反します。
どんな理由があっても、今の日本の社会倫理と結婚制度では倫理から外れています。
たまちゃんだかなんだか分かりませんが、人前にだけは出さないで下さい。
婚外恋愛に真実があるなら、日本では隠しながら大切に育てて下さい。
そうやって育てている友人が私にもいます。

婚外恋愛をすべて否定はしません。
ただし、公の場に出ることは間違いだと思います。

ここは日本です。

よろしくお願い致します。

論点は、
「どんな理由があっても、婚外恋愛は今の日本の倫理からは外れている」
「それでも婚外恋愛するなら、公の場に出ないで、隠して行え」

ということですね。

えーと。割と予想していた反論でしたので、
むしろ、ありがとう、と思っています。

では、この点について、あづまがどう考えているのか、
それについて、書いてみたいと思います。

まず、そもそも論として、

夫婦円満を目指すのは、もちろん、当然ではあるのですが、
努力しても、やっぱり、この人とはムリ、って思うこと、ありますよね。

男性の方は、分からない人もいるかもしれませんが、
女性の方は、「この人とはセックス無理」って思う感覚、
よく分かるんじゃないかな。

そこまで至ってしまった夫婦は、どうしたら良いのでしょう?

日本の倫理に照らしたら

これが、あづまの、一点目の疑問です。

一応、離婚理由としてセックスレスは、正当な理由とされています。
というわけで、そこまで至ったら、婚外恋愛する前に離婚しましょう。
というのが、今の日本の倫理であり、法律だと、私は解釈しているのですが。

これなら、倫理に反していないし、不法行為(犯罪とは言えないが、法律的に間違っているとされる行為)でもありません。でも、子供もいるわけだし、それで円満解決ヤッター、とは行かないはずです。

というわけで、往々にして、親は子供のために我慢して、結婚という形を維持せよ、という話になりがちです。本当にそれで良いのでしょうか? 私のもとには「お母さんが【子供のために】離婚しないで我慢していたために、私(相談者)は結婚生活に暗いイメージを持つようになってしまった」という相談が、それなりに多く来ます。親が自分を殺して生きることは、次世代にマイナスの遺産を受け継ぐ行為です。

現状の日本では、要するに【離婚する】【我慢する】の二択しか「倫理的な道」はない、のが社会常識であり、社会の道徳・倫理ですよね、本当にそれでいいんですか? と、私は問うているのです。

私は基本的に、倫理とか道徳というのは、(一定の意味・意義は認めますが)前の世代が作った遺物だと考えていまして、大抵の場合、倫理や道徳は時代遅れなもの、だと感じています。

だからといって、軽んじていいと言っているわけではありませんが、社会の「常識」とされているような倫理や道徳というのは、全然万能ではなく、むしろ、極めて限界の低い代物であると、見なしているわけです。

いま、同性愛の人を、倫理に反するとか、不道徳だとか、そういう言葉で責めたら、「言っているあなたがおかしい」と言われるでしょう。でも、それが社会の常識だった時代もあるのです。

倫理や道徳は、前の世代が作った社会の遺物。
一定の敬意や配慮は必要だけど、基本的に時代遅れだし、万能でもなく、極めて限界の低い代物である。

時代に、適合しなくなってきた倫理は、新しく作り直していくしかない。
それもまた、常識となった頃には、また、時代遅れになっていくのだと思いますが、
その繰り返し。ずっと、新しく作り続けていくしかない。

では、
「不倫は悪である」という倫理観が時代遅れだとしたら、
あづまは、新しい倫理観とは、どういうものであるべきだと考えるのか。

それを、書いていきたいと思います。

新しい倫理観が、
「不倫もOKだよね♪」
だったら、最悪です。私は大反対です、こういうの。

ここから先は、少し時代を先取りしすぎているというか、勇み足の部分はあると思いながら、書いています。

新しい倫理観とは、たとえばこういう基準であるべきです。
「自分の気持ち、そして、相手の望みに、とことん誠実に向き合ったか?」

では、用語が長くなりそうなので、
ふたつの倫理観にAとMという記号をふって、考えてみたいと思います。
Aは「不倫は悪」的な倫理観。これを守っているのがA○、破るのがA×。
Mは「自分、相手と向き合う」倫理観。同じく守るのがM○、破るのがM×。

A○ :婚外恋愛はしない
A× :婚外恋愛をしている
M○ :自分の気持ち、そして、相手の望みに、とことん誠実に向き合う
M× :自分の気持ち、そして、相手の望みに、誠実に向き合わない

A○ かつ M○ が問題ないのは、だれでも同意することだと思います。
A× かつ M× だと、問題多すぎ。ちょっとこの夫婦、大変そうです。

議論が分かれるのは、

A○ かつ M×  と  A× かつ M○ の場合でしょう。

少し、例を挙げてみたいと思います。

 

A○ かつ M×
:婚外恋愛はしないが
自分の気持ち、そして、相手の望みに、誠実に向き合わない

こういう夫婦、結構いるんじゃないでしょうかね。
たとえば、夫は自分の素直な気持ちを表現するのが全然下手くそ。
おかげで、主婦の奥さんが友達との集まりで出かけて「今日はごはん自分でよろしく」って言ったら、義務を放棄しているだとか、あれこれ難癖つけたりして。

こういうとき、ひとこと「寂しい」って言えれば自分も癒されるし、奥さんも「そうだよね、ごめんね♪」ってハグして、で、気持ちよく出かけられるのに。

もうひとつ例を挙げると、もう少し、相手の望みに向き合わないケース。
ちょっと、夫婦仲がだいぶ傾いていて、奥さんの方は、旦那との夜の生活が既に苦痛になっている。やんわりと何度も伝えたが、相手の望みに、誠実に向き合わない夫は、当然の権利とばかりに夜の生活を要求してくる。妻も「結婚という形を維持すること」が優先で、自分の気持ちと向き合うことをあきらめ、嫌々夫婦関係を続けている。

この両方とも、現状の日本の倫理には、(若干微妙だとは思うが)反していないことになります。
少なくとも、法律的には、生活の相互扶助の義務はあるが、相手を「愛する」義務は規定されていませんから、この夫たち、法律的には、まったくもって、正しい人たちなんですね。

私が「社会常識となっている倫理観は、実は時代遅れ」と言うのは、こういう話になってしまうからです。

 

で、一方、

A× かつ M○
:婚外恋愛はするが
自分の気持ち、そして、相手の望みに、とことん誠実に向き合う

そしてこれが、たまちゃんの夫婦の話。
夫公認で妻が婚外恋愛。それをあづまが円満夫婦と呼ぶ理由。

現状、やはり、法律的には「不法行為」にあたるわけです。
婚外恋愛している側が、夫婦破たんの理由を作ったと見なされます。

但し、自分の気持ち、相手の望みに誠実に向き合い続けていって、
やっぱりこういう形でいくしかないのかな、って結論を出せたとしたら、

Aの倫理観に基づくと×だけど、
Mの倫理観に基づくと○になる。

私は、要するに、
不倫したかしないか、というような、マニュアル的、チェックリスト的、ロボット的な判定基準に基づく倫理観は、いずれ時代遅れになっていって、

本当に自分の気持ち、相手の望みに、誠実に向き合い続けたかどうか、というような、極めて人間的で、深いレベルの倫理観に、時代が移行していくと考えているのです。

先ほどの、AとMの記号でまとめると、

 

現状、社会の常識というのは、

A○M× (不倫したかしないか、の倫理観を優先)

A×M○ (誠実に向き合ったか、の倫理観を優先)

であれば、前者の方が、確かに、常識だと思います。

ですが、社会が豊かになり、寿命も延び、夫婦生活も長丁場になり、という現在の社会状況の中、前者の倫理観は、限界を露呈しつつあり、時代遅れになってきている、

とも感じています。

そして、不倫は悪、という倫理観に変わるルールは、
不倫も善、ではないことは、先に述べたとおりです。
それではダメなのです。

前の時代の倫理観を、単に裏返すのでは進歩ではありません。
前の時代の倫理観を、超越していかないと、意味がない。

で、どのように超越するのかというと、たとえば、先ほどから書いている、

自分の気持ち、そして、相手の望みに、とことん誠実に向き合う
ことが善。

これです(あ、これは一案ですので、必ずこうでなくてはいけない、というものではないです。但し、表面的な判定基準よりも、もっと、内面や動機を問うものになるべきだ、という点は大事だと考えています)。

さて、私の持論を展開したところで、
二点目の「それでも婚外恋愛するなら、公の場に出ないで、隠して行え」
にお答えしましょう。

もし仮に、たまちゃんの姿勢、動機、行動が単に、
「不倫は悪」→「不倫は善」としたいだけだったとしたら、
私も、「そういう婚外恋愛は、隠して行ってください」と言うでしょう。

でも、たまちゃんの姿勢は、こういう批判を食らうことも覚悟の上で、
「不倫は悪」(Aの倫理観)から、
「向き合うことが善」(Mの倫理観)への、

パラダイムシフトを起こそうとしている行動なのです。
次の時代の、新しい倫理観に向けてのチャレンジです。

もちろん、とても大変すぎるので、
私は、自分の身で、社会実験するのはごめんです。
ほんと、あづまは、無理です。
(してないですが)もし不倫してても、たぶん隠します。

だれかが、身を削って、
新しい倫理観に向けてのチャレンジをする。

賛否両論を浴びながらも、前に進んでみる。

その価値は、私はよく分かります。
自分では大変すぎてできないとしても。

だから、たまちゃんを応援しているんです。

そういうことです!

ではでは!

 

婚外恋愛について反論が来ました。であづまはどう答えるのか?」への6件のフィードバック

  1. 匿名希望

    こんにちは
    いつもあづまさんのメルマガ楽しみにしております。
    珠帆美汐さんについてですが、大学デビューとか社会人デビューとかという言葉がありますが、その言葉で表現すると、アラフォーデビュー、アラフィフデビューしただけの女性ではありませんか?デビュー前に結婚した旦那さまとデビューした今の自分はつり合わず(勝手に自分でそう思っているだけ)婚外恋愛へ足を踏み出したようにしか見えません。若いころ年相応に遊ばず真面目に過ごし、年老いてから男に目覚めた色ボケした女性にしか見えません。それを内なる魅力がどうのこうのと難しい言葉を並べ自分は間違ってないと豪語しているように見えます。昔の写真と比較して今の方が歳を重ねているけど色気があるとか周りから言われ調子に乗って自撮りしているみっともない大人に見えるのは私だけでしょうか?今彼女がしている事を私は美しいとは思えません。婚外恋愛という形を取られていることを表に出されていますが、偉そうに言えることではありません。私は婚外恋愛が悪だと思っている訳ではありませんがみっともなく感じます。写真集も恥ずかしく思います。今まで素材は悪くないのにオシャレせず勉強ばかりされていた為デビューし、美しくなった自分を見せたい気持ちはわかりますが、いい大人なのでみっともないと私は思います。

    返信
    1. あづま 投稿作成者

      コメントありがとうございます。

      まず、申し上げたいことは、ご自分の書かれた文章を、ご自分で今一度お読みになって下さい。文章には自分自身が表現されます。それが「あなた」です。

      さて、その上で、私の意見を申し上げます。
      おっしゃるとおり、の部分もあるかと思います。

      若い頃、年相応に遊ばずに(遊ぶこと自体を自分に許可できずに、の方が適切かな)過ごしてきて、ようやく今になって、やりはじめた。だから、結婚も子育ても既に始まっていて、ここから恋愛、となったらどうしても婚外恋愛となってしまう。若い頃にやっておけば良いことを、今になってやるから、そうなるのだ、と。いい大人なので、そういうことを今さらやるな、と。

      若い頃に、堂々と自分の美しさを表現して、それを楽しみ、いい年になる頃には、落ち着いていた方が、バランスが取れているのではないか、という意見なら、それには私も割と賛成するのですが、

      ポイントは、次の点です。

      では、若い頃にそれが出来なかった人は、もう一生、そこはあきらめて過ごす「べき」なのでしょうか?
      それとも、何歳からでも、自分がやり残したと思ったら、やってもよい、という社会であるべき、なのでしょうか?

      あなたは、前者の方なのですね?
      私は、後者の社会であるべきだと、考えています。

      最後に、人が他人に投げつける言葉は、本来、自分自身に向かって言っている言葉のことが、多いです。
      あなたは、自分自身に「いい大人なのでみっともない」という言葉をかけて、自分を縛ったりしていませんか? それをやっていればやっているほど、自由にしている他人に、イライラ、ざわざわするものですから。

      (それから、このブログは私の所有物です。私が承認し、載せると考えたコメントは、載せるというのが、私の方針です。反論されたからと言って、削除依頼を頂いても、それには応じませんので、ご了承下さいませ。)

      返信
  2. 藤本 恵美

    こんにちは。
    あづまさんのおっしゃる通りだと思いますし、これからは婚外恋愛について A×M⚪︎の形でもっとおおらかになっていってほしいと思います。そうなれば誰も傷つかずに みんながハッピーになれそうですね。
    しかし、 A×M⚪︎はいまの時代においてはまだまだ難しいと思います。なぜなら、お相手が、結婚されてる場合、お相手のご夫婦もA×M⚪︎でないといけないですからね。
    それの確認を婚外恋愛している当事者同士ができてないと(いくらでもごまかせるし、ごまかしていることすら本人も気づいてないこともある)このような理想の形にはならないと思います。自分たち夫婦も相手の夫婦も もっと自分の気持ちに素直に向き合え、話し合える仲でないと厳しいでしょうね。そして今の婚外恋愛のほとんどは そこをできてないからやってるのだと思いますので。

    返信
    1. あづま 投稿作成者

      恵美さん
      コメントありがとうございます。

      えと・・・私も現状では、一般的には難しいんじゃないかと考えています。
      それから、自分自身は、婚外恋愛をするのかというと・・・たぶん、しないです。私のメルマガは奥さんも読んでいるので、例の回をきっかけに、話をしてみたのですが、うちはお互いがそれぞれ恋人を作るとか、「うーん、ありえないよね」という話になりまして・・・ということで、あと10年ぐらいは、一夫一婦で行くと思います。さらに将来、心境の変化があるかどうかは、今は分からないです。

      まあそういうわけなので、珠帆美汐さん、変わってるなー、とは、正直思っているわけなんですが、

      ただ、
      変わっているから、普通に合わせて自分を殺す、という方に行かずに、ちゃんと対話し続けて、相手とも険悪にならずに、あくまで、合意をしっかり作って、自分の道を進んでいる。
      そこを尊敬しているので、紹介しているわけです。(それに、いきなり婚外恋愛を志向したわけではなくて、ここに至るまでに、離婚するかどうかとか、他の選択肢も相当話し合ってきた経緯も、私は割とリアルタイムに聞いて知ってます)

      こういう話って、どうしても、インパクトが強いところを、受け取られてしまうことが多くて。

      婚外恋愛している|していない  の対比 は私の力点ではなくて、
      徹底的に対話して合意形成している|していない  の対比 は強調したいポイント、

      なんですよね。

      なので、婚外恋愛しない方に合意している夫婦であっても、珠帆美汐さんから、「徹底的に対話して合意形成している」という姿勢はぜひ見習った方がいい、と思って紹介しているんですよね。
      それは恵美さんもコメントの中で「自分の気持ちに素直に向き合え、話し合える仲」という言葉で触れていらっしゃいますね。このポイントこそ、婚外恋愛しない夫婦であっても、見習うべきポイント、ということになるかと思います。

      まあ、ちょっと、ひとりごとみたいな返答になりましたが・・・
      今後とも、どうぞよろしくお願いします。

      そんな感じです!では!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です