私が急ぎのご相談をお断りしている理由。

あづまです。

ときどき、急ぎで「今すぐお願いします」的なご相談の依頼があるのですが、私はそのようなご依頼を、原則お断りしています。

相談の受け方には、色々な考え方がありますから、私のようなやり方が絶対正義だと言うつもりはもちろんありませんが、しかし、大事な意味を込めています。

「苦しいので今すぐ」という気持ちは、分からなくもありません。

但し、私の得意としている問題解決は、現状をしっかりと真っ直ぐに見つめ、本当に変えるべきポイントについて、一度決めたらじっくりと取り組んでいく、

そのような、落ち着いた、長期的な取り組みに関するものです。
夫の浮気が発覚!
なんとかしてほしい!
たすけて!

そういう状況のご相談を、断るのは、一見冷たく見えるかもしれません。
実際、そういう面もあるのかな、とは思います。

但し、私の考えをハッキリ申し上げますと、
そのような状態では、「どうしたいのか?」という基本的な方向すら、自分で言えない状態になります。

「浮気を何とか解決したいのです!」
「夫さんの、浮気を止めさせたいんですね?そこを何とかしたいんですね?」
「はい。お願いします!」

という会話が、成立したとしますね。
実際、よくあると思うんですね。
私のところ以外でも、占い師さんとか、他のカウンセラーさんとか、
こういう会話、よく成立すると思うんです。

でも、実際に取り組んでいくと・・・
夫さんにも、色々メンタルな課題があったりすると、
そこをサポートする側に、妻(つまり相談者)が回ることになります。
すると、相談者は、さらに辛い道を行くことになります。

実はそれは、目的と手段を取り違えているんです。
本当は、
「私が少しでも楽になりたい」←目的
そのために、
「夫の浮気が止んだらいいのではないか?」←手段

となっているんですが、その「手段」が実現するまであまりに長くて辛い道のりなら、違う手段をまず取った方がいいわけです。

ということで、
ほとんどのカウンセラーさんは、なんかアドバイスもどきのことをいいながら、話を聞くだけで終わり、にするんじゃないかな。

一部、叱咤激励系のカウンセラーさんや占い師さんだと、つらいけど前を向け、やるべきことをやれ、的な感じで、夫の浮気を止めるための行動を指導するかもしれない。
(まあ、イバラの道ですね・・・しかし・・・)

さて、話を「急ぎの相談を受けつけていない理由」に戻しますと、
私は、結局、「つらい話を聞くだけ」「傾聴するだけ」のカウンセリングは(それだってとても大事だということは、十分分かっていますが)、私の特色がそれほど出ないと考えています。

いまつらくて、混乱していて、今すぐどうにかしてほしい、となったら、結局、話を聞くぐらいになっちゃうんです。カウンセラー側は。

そして、私よりも、気持ちを受け止めるのがうまいカウンセラーさんは、いくらでもいると思っています。

逆に、
状況を整理して、
客観的にものを見て、
本当に今、やるべきことを(指示されるのではなく)、
本人も落ち着いた心で、きちんと決断して、
そして、解決に向けて進んでいく。

そのサポートをするのなら、多くのカウンセラーさんが世にいる中で、
私は、得意な方だと思っています。
でも、申込条件に、
「今混乱していない人」って書けないですよね?
そもそも、判定しようがないし。

そのための、工夫はいくつかあるのですが、
「今すぐ相談に乗って下さい!」をお断りしている、というのも、
そのひとつです。
辛い気持ちはあるけれど、
少し脇に置いて、
一旦冷静に考えてみよう。

そのような気持ちになって、
単に話を聞いてくれるカウンセラーではなくて、
一緒に問題解決の道を、考えてくれる、

コンサルタント的なカウンセラーを求めている方にこそ、
私のセッションを、利用してほしいと考えています。
というわけで、急ぎの相談は、
お断りしているのです。

といっても当日と翌日をお断りしている程度ですから、
何週間もお待たせしているわけではありません。

ご理解頂けますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です